English Page

池上敦子

博士(工学)

成蹊大学 理工学部 情報科学科 教授

   モデリング&アルゴリズム研究室


授業情報

   ネットワーク計画法    情報科学特別実験


研究関連サービス情報

訪問介護勤務スケジュール作成システム 


略歴

立教大学 理学部 数学科卒業,成蹊大学理工学部/工学部助手,講師,准教授を経て,2009年4月より教授.
博士学位(工学,成蹊大学,2001)
博士論文: "我が国におけるナース・スケジューリング ― モデル化とアプローチ ―" (PDF File )

受賞歴

2008:スケジューリング学会「学会賞(技術賞)」:"鉄道ネットワークにおける最安運賃経路探索", スケジューリング・シンポジウム2007,pp.79-84,2007. 
2004:日本OR学会「事例研究賞」:"A Subproblem-centric Model and Approach to the Nurse Scheduling Problem", Mathematical Programming, Vol.97,No.3,pp.517-541,2003. 
2003:日本人間工学会「研究奨励賞」:"タスク分析に基づく看護婦勤務表作成支援システムのユーザインターフェースの開発と評価", 人間工学, Vol.38, No.5, pp.261-271, 2002.
1997:日本OR学会「事例研究奨励賞」:"我が国におけるナース・スケジューリング問題", オペレーションズ・リサーチ, Vol.41, No.8, pp.436-442, 1996.
★おまけ(大学1年の時)★:立教大学「体育会奨励賞」:"全日本学生選手権決勝進出"

特許

  • 特許第5213403号
    「料金計算ネットワーク生成装置及びこの料金計算ネットワークを用いた料金計算装置」
    登録日:平成25年3月8日
    特許権者:日本信号株式会社 学校法人成蹊学園

    最近の研究

    オペレーションズ・リサーチの応用,組合せ最適化.特に現実の問題のモデル化に興味をもつ.
    • ナース・スケジューリング       (OR辞典2000参照:その1その2)  (データ)  (ベンチマーク
    • 訪問介護におけるスタッフ・スケジューリング
    • 鉄道ネットワークにおける最適化 &運賃計算
    • ビークル・ルーティング

    査読付きジャーナル論文

  • 徳永拓真,田中勇真,小林隆文,沓水佑樹,池上敦子: 「非正社員を主力とするスタッフスケジューリングにおけるモデル化と支援システムの構築」, 情報処理学会論文誌:数理モデル化と応用, Vol.8, No.2,pp.,57-65 ,2015.
  • Masaki Kohana, Shusuke Okamoto, Atsuko Ikegami: “Optimal data allocation and fairness for online game“, International Journal of Grid and Utility Computing, Vol. 5, No. 3, pp.183-189, 2014.
  • 大倉元宏,池上敦子,長谷川誠,田仲慶次郎,相澤学:「重なり合う文字の触認識」, 視覚リハビリテーション研究,Vol.3, No.2,pp.73-80, 2014
  • 秋田博紀,池上敦子,"ナース・スケジューリングにおける部分問題実行可能解空間のネットワーク表現",統計数理,Vol.61,No.1,pp.79-95,2013.
  • Masaki Kohana, Shusuke Okamoto, Atsuko Ikegami, "A meta-heuristic approach for dynamic data allocation on a multiple Web server system," IEICE TRANSACTIONS on Information and Systems, Vol.E96-D, No.12, pp.2645-2653, 2013.
  • 足立幸子,池上敦子,宇野毅明,"作業者の操作観点に基づく訪問介護勤務表作成支援システムの利点と課題",日本経営工学会論文誌,Vol.64,No.3,2013(掲載待ち)
  • 池上敦子,宇野毅明,足立幸子,村野真悟,佐藤広幸,吉田勇人,軍司奈緒,内山広紀,"運用コストを重視した最適化 ―小規模な事業所で運用可能なシステムを考える―",オペレーションズ・リサーチ,Vol.57,pp.695-704,2012
  • 池上敦子,森田隼史:"鉄道運賃計算と最適経路探索",オペレーションズ・リサーチ, Vol.56,No.5,pp.269-274,2011
  • 森田隼史,池上敦子,菊地丞,山口拓真,中山利宏,大倉元宏:"鉄道運賃計算アルゴリズム ― Suica/PASMO利用可能範囲のJR東510駅の運賃 を対象とした場合―",OR学会和文論文誌, Vol.54,No.5,pp.269-274,2011
  • 乾伸雄,池上敦子:"ナーススケジューリング問題における混合整数線形計画問題と充足性判定問題による厳密解法の比較", オペレーションズ・リサーチ,Vol.55,pp.706-712,2010
  • 笠原和夫,石森茂,池上敦子: "最短経路問題を利用した加工工程支援システムの開発(第1報)−最短加工時間を与える加工順序の解析− ", 精密工学会誌,Vol.76,pp.1188-1193,2010
  • 山口拓真,森田隼史,池上敦子,菊地丞,中山利宏 : "利用鉄道会社数の制約を考慮した最安運賃経路探索", 電子情報通信学会論文誌D,Vol.J93-D,pp.426-434,2010.
  • 池上敦子,森田隼史,山口拓真,菊地丞,中山利宏,大倉元宏 : "鉄道運賃計算のための最安運賃経路探索 - 複数の鉄道会社を含む場合 -", OR学会和文論文誌, Vol.51, pp.1-24,2008.(PDF File )
  • Atsuko Ikegami, Aki Uno : "Bounds for staff size in home help staff scheduling", Journal of the Operations Research Society of Japan, Vol.50,No.4,pp.563-575,2007. (PDF File )
  • 池上敦子 : "ナース・スケジューリング -調査・モデリング・アルゴリズム-", 統計数理, Vol.53, No.2, pp.231-259, 2005.(PDF File )
  • 渡邉真利, 池上敦子, 大倉元宏 : "CFSI(蓄積的疲労徴候インデックス)回答データの入力方法に関する研究", 人間工学, Vol.41, No.3, pp.161-166, 2005.
  • Atsuko Ikegami : "Scheduling doctors for night duty", Modelling Efficiency & Quality in Health Care, pp135-145, 2004. (PDF File )
  • Atsuko Ikegami, Akira Niwa : "A Subproblem-centric Model and Approach to the Nurse Scheduling Problem", Mathematical Programming, Vol.97,No.3,pp.517-541,2003. オリジナルhttp://link.springer.de または http://link.springer-ny.comで入手可能.
  • 嶋田葉子, 池上敦子, 大倉元宏 : "タスク分析に基づく看護婦勤務表作成支援システムのユーザインターフェースの開発と評価", 人間工学, Vol.38, No.5, pp.261-271, 2002.
  • Atsuko Ikegami, Akira Niwa : "A Study of Nurse Scheduling in Japan", The Journal of Human Ergology Vol.30,No.1,2,pp.71-76,2001.
  • 池上敦子, 藤井亀, 田中慎一郎, 斎藤明子, 大倉元宏, 越河六郎 : "CFSIの応答パターン判定について", 労働科学, Vol.77, No.6, pp.223-235, 2001.
  • 嶋田葉子, 池上敦子, 大倉元宏 : "看護婦勤務表作成支援システムの開発を意図したタスク分析", 人間工学, Vol.37, No.3, pp.125-133, 2001.
  • 池上敦子 : "2交替制ナース・スケジューリングのアルゴリズム改善", Journal of the Operations Research Society of Japan, Vol.43, No.3, pp.365-381, 2000. (PDF File )
  • 池上敦子, 丹羽明 : "ナース・スケジューリングに有効なアプローチ − 2交替制アルゴリズムにおける実現 −", Journal of the Operations Research Society of Japan, Vol.41, No.4, pp.572-586, 1998. (PDF File )
  • 池上敦子, 丹羽明, 大倉元宏 : "我が国におけるナース・スケジューリング問題", オペレーションズ・リサーチ, Vol.41, No.8, pp.436-442, 1996. (PDF File )
  • 池上敦子, 相澤学, 大倉元宏, 若狭紅子, 松平信子, 越河六郎 : "ナース・スケジューリング・システム構築のための基礎的調査研究", 労働科学, Vol.71, No.10, pp.413-423, 1995.
  • 池上敦子, 丹羽明 : "時間指定のあるビークル・ルーティング問題", Journal of the Operations Research Society of Japan, Vol.38, No.1, pp.107-123, 1995.
  • Atsuko Ikegami, Katsuhiro Aoyagi and Hajime Iizuka : "A Parallel Branch-and-Bound Algorithm for Integer Linear Programming and Its Implementation on a Distributed Multiprocessor", Systems and Computers in Japan, Vol.24, NO.3, pp.35-46, 1993.
  • 池上敦子, 青柳雄大, 飯塚肇 : "分散記憶型マシンにおける並列整数計画法", 電子情報通信学会論文誌, Vol.J75-D-I No.9, pp.801-808, 1992.

    研究レポート

  • 池上敦子,森田隼史,山口拓真,菊地丞,中山利宏,大倉元宏: "会社間連絡を含む鉄道最安運賃経路探索",統計数理研究所共同研究レポート229「最適化:モデリングとアルゴリズム22」,pp.16ー35,2009.
  • 池上敦子,森田隼史,菊地丞,山口拓真,中山利宏: "鉄道最安運賃経路探索アルゴリズム ― Suica/Pasmo 利用可能範囲のJR510駅を対象にした場合 ―",日本信号技法,Vol.32,No.2,pp.7ー16,2008.
  • 池上敦子,森田隼史,菊地丞,山口拓真,中山利宏: "鉄道運賃計算のための最適経路探索",統計数理研究所共同研究レポート221「最適化:モデリングとアルゴリズム21」,pp.246ー252,2008.
  • 池上敦子,緒方洋平,森田隼史,土谷隆: "訪問介護スタッフ・スケジューリング",統計数理研究所共同研究レポート191「最適化:モデリングとアルゴリズム19」,pp.302ー316,2006.
  • 池上敦子 : "部分問題を意識したナース・スケジューリング", 統計数理研究所共同研究レポート161「最適化:モデリングとアルゴリズム16」pp.249-260, 2003.
  • 城戸圭介,柳田正彦,森川達也,草刈毅司,池上敦子,大倉元宏,福井真司,鈴木茂:"サッカーゲームにおける新しい記述分析の提案  ―組み作業分析とワークサンプリング法の応用―",サッカー医・科学研究,Vol.22, pp.203ー208,2002
  • 池上敦子 : "ナース・スケジューリング・モデルについて", 統計数理研究所共同研究レポート113「最適化:モデリングとアルゴリズム12」, pp.70-78, 1998.
  • 池上敦子, 丹羽明 : "ナース・スケジューリングについての1解法", 統計数理研究所共同研究レポート104「最適化:モデリングとアルゴリズム11」, pp.77-90, 1997.
  • 池上敦子, 丹羽明 : "ナース・スケジューリング問題の特徴", 統計数理研究所共同研究レポート92「最適化:モデリングとアルゴリズム10」, pp.250-260, 1996.
  • 池上敦子, 丹羽明 : "時間指定付きビークル・ルーティング問題 − ビークルのキャパシティが比較的小さい場合 −", 統計数理研究所共同研究レポート77「最適化:モデリングとアルゴリズム9」, pp.178-193, 1995.

    著書・解説等

  • 室田一雄・池上敦子・土谷隆:『刊行にあたって』『はじめに』『おわりに』,「モデリング ―広い視野を求めて?」(シリーズ:最適化モデリングT),日本オペレーションズ・リサーチ学会 監修/室田一雄・池上敦子・土谷隆 編,近代科学社,pp.1-9,185-186,2015.3
  • 池上敦子,繁野麻衣子:「質の高いサービスを提供するためのスタッフスケジューリング」,電子情報通信学会誌,Vol.94,No.9,pp.760-766,2011
  • 池上敦子 : 「ナース・スケジューリング」, オペレーションズ・リサーチ,Vol.54,No.7,pp.401-407,2009.7
  • S.Wasserkrug et al.(訳:池上敦子): 「3次レベルITサポートのためのシフトスケジューリング:課題,モデル,ケーススタディ」, オペレーションズ・リサーチ,Vol.53,No.3,pp.144-151,2008.3
  • 池上敦子,土谷隆 : 「特集『モデリング -さまざまな分野,さまざまな視点から-』,特集にあたって」, オペレーションズ・リサーチ,Vol.52,No.4,p.186,2007.4
  • 池上敦子 : 「ナーススケジューリング」, ナーシングビジネス,Vol.1,No.3,pp.43-46,2007.3
  • 池上敦子 : 「問題把握の難しさ」, オペレーションズ・リサーチ,Vol.51,No.7,pp.388-391,2006.7
  • 池上敦子 : 「モデリングを通して見えた世界」, オペレーションズ・リサーチ,Vol.50,No.8,pp.564-567,2005.8(PDF File )
  • 池上敦子 : 「特集『モデリング -広い視野を求めて-』,特集にあたって」, オペレーションズ・リサーチ,Vol.50,No.8,p.518,2005.8
  • 池上敦子 : 「特集『モデリング -最適化モデリング-』,特集にあたって」, オペレーションズ・リサーチ,Vol.50,No.4,p.220,2005.4
  • 池上敦子(共著):「OR事典2000」,日本OR学会編,2000
  • 池上敦子 : 「看護婦勤務表作成問題をどう捉えるか」, 労働の科学, Vol.51, No.10,pp.648ー653,1996.10
  • 池上敦子 : 「黄金分割」, 労働の科学, Vol.49, No.11,p.32,1994.11
  • 池上敦子 : 「割当問題(配置問題)」, 労働の科学, Vol.49, No.8,p.19,1994.8
  • 池上敦子 : 「巡回セールスマン問題」, 労働の科学, Vol.49, No.6,p.32,1994.6
  • 池上敦子 : 「ダイナミック・プログラミング」, 労働の科学, Vol.49, No.4,p.32,1994.4
  • 池上敦子 : 「リニア・プログラミング」, 労働の科学, Vol.49, No.3,p.28,1994.3
  • 池上敦子 : 「数理計画法」, 労働の科学, Vol.49, No.2,p.21,1994.2
  • 池上敦子 : 「オペレーションズ・リサーチ」, 労働の科学, Vol.49, No.1,p.27,1994.1

    国際会議

  • A. Ikegami, Y. Tanaka: “Network representation of subproblem solution spaces in nurse scheduling”, The 20th Conference of the International Federation of Operational Research Societies (IFORS2014), p. 110, 2014.7
  • Y. Tanaka, A. Ikegami, Y. Matsui, K. Fujisawa and Y. Yasui, “A fast algorithm for counting the number of primitive sorting networks”, The 20th Conference of the International Federation of Operational Research Societies (IFORS2014), p. 80, 2014.7
  • Y. Tanaka, A. Ikegami, Y. Matsui, K. Fujisawa and Y. Yasui, Fast Counting of the number of primitive sorting network on n elements, Proceedings of 25th Workshop on Topological Graph Theory (TGT25), p.38, 2013.11
  • Masaki Kohana, Syusuke Okamoto, Atsuko Ikegami: "Optimal data allocation for keeping fairness of online game," Proceedings. of IEEE 26th International Conference on Advanced Information Networking and Applications Workshops, pp.1209 - 1214, 2012
  • Nobuo Inui, Atsuko Ikegami : Using SAT solver for nurse scheduling problem,International Symposium on Scheduling 2011 (ISS2011), pp.97-100, 2011
  • Atsuko Ikegami, Yohei Ogata, Shunji Morita, Motohiro Ohkura: "A mathematical model for home help staff scheduling based on questionnaire survey results", 17th International Symposium on Night and Shiftwork, p.73,2005.9
  • Atsuko Ikegami : "A model for home help staff scheduling", The seventeenth triennial conference of the International Federation of Operational Research Societies, p.64, 2005.7
  • Atsuko Ikegami : "A preliminary study on home help staff scheduling", The 30th meeting of the EURO Working Group on Operational Research Applied to Health Services, pp.17-18, 2004.6
  • Atsuko Ikegami : "An algorithm for scheduling doctors for night duty", 18th International Symposium on Mathematical Programming, p.43, 2003.8
  • Atsuko Ikegami : "Scheduling doctors for night duty", The 29th meeting of the EURO Working Group on Operational Research Applied to Health Services, pp.27-28, 2003.7
  • Atsuko Ikegami, Akira Niwa : "Subproblem-centric algorithms for the nurse scheduling problem", International Symposium : The 4th international conference on the Practice And Theory of Automated Timetabling, pp.179-181, 2002.8
  • Atsuko Ikegami, Akira Niwa : "A subproblem-centric approach to the nurse scheduling", The sixteenth triennial conference of the International Federation of Operational Research Societies, p.155, 2002.7
  • Atsuko Ikegami, Akira Niwa : "The nurse scheduling problem in Japan: its characteristics and the subproblem-centric approach", The 28th meeting of the EURO Working Group on Operational Research Applied to Health Services, p.12, 2002.7
  • Atsuko Ikegami, Akira Niwa : "A Subproblem Centric Approach to Formulation of the Nurse Scheduling Problem", New Trends in Optimization and Computational Algorithms, pp.88-89, 2001.12
  • Atsuko Ikegami, Akira Niwa : "An Algorithm for Nurse Scheduling", 15th International Symposium on Night and Shiftwork, p.154, 2001.9
  • Atsuko Ikegami, Akira Niwa : "An Algorithm for Nurse Scheduling for a 2-shift System", 17th International Symposium on Mathematical Programming, p.39, 2000.8

    学会・研究集会等

  • 橘高源汰,伊藤靖彦,富塚英和,池上敦子:"高校定期試験の答案返却時間割の作成",スケジューリング・シンポジウム,pp.67-71,2015,9.
  • 橘高源汰,加藤陽 ,田中勇真,袴田達雄,小河泉,坂野由紀子,池上敦子:"英語教員科目割当問題の数理最適化モデルと支援システム構築",日本経営工学会春季大会,pp.188-189,2015,5.
  • 高橋香,田中勇真,小林隆文,沓水佑樹,池上敦子:"鉄道移動を伴うスタッフスケジューリング",日本経営工学会春季大会,pp.186-18,2015,5.
  • 池上敦子:"ナーススケジューリング",日本オペレーションズ・リサーチ学会 安全・安心・強靭な社会とOR研究部会,2015.4
  • 長谷部勝也,龍前昌和,田中勇真,池上敦子:"ナーススケジューリングにおける良解空間の導出",日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会,pp.320-321,2015.3.
  • 徳永拓真,田中勇真,池上敦子:"非正社員を主力とするスタッフスケジューリング ― 多くの現場で適用可能な最適化モデルと支援システムの構築 ―",情報処理学会「数理モデル化と問題解決研究会」研究報告2015-MPS-102,2015.3.4
  • 徳永拓真,田中勇真,小林隆文,池上敦子: "スタッフスケジューリング支援システムの構築",スケジューリング・シンポジウム,pp.47-51,2014.9.
  • 田中勇真,池上敦子,松井泰子,藤澤克樹,安井雄一郎: "プリミティブ・ソーティング・ネットワークの高速数え上げ算法",日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会,pp.276-277,2014.8
  • 馴松晃治,土谷隆,上野玄太,池上敦子:"事前知識と線形計画法を用いた人工衛星観測データの復元",統計数理研究所「最適化:モデリングとアルゴリズム」シンポジウム,2014.3.
  • 野原啓介,田中勇真,沓水佑樹,池上敦子: "移動を伴うスタッフスケジューリング",情報処理学会全国大会,pp. 345-346,2014.3.
  • 徳永拓真,田中勇真,沓水佑樹,池上敦子: "サービス業におけるシフトスケジューリングのための汎用モデル",情報処理学会全国大会,pp. 343-344,2014.3.
  • 池上敦子:"ナーススケジューリングへの再挑戦",日本オペレーションズ・リサーチ学会関西支部「異分野コミュニケーションによる最適化の広がり 〜最適化研究者のサイドストーリー〜」,2013.11.
  • 池上敦子:"ナース・スケジューリングについて",医療機関でのオペレーションズ・リサーチ適用事例ワークショップ,2013.3.
  • 池上敦子:"中国と日本それぞれのナーススケジューリング",医療機関でのオペレーションズ・リサーチ適用事例ワークショップ,2013.3.
  • 徳永拓真,山口陽太,田中勇真,沓水佑樹,池上敦子: "非正社員が主力である業種のシフトスケジューリング",スケジューリング・シンポジウム,pp.157-161,2013.9.
  • 山口淳史, 伊藤駿, 池上敦子, 笠原和夫: "機械加工順序決定における多目的意思決定支援システムの構築", 日本機械学会第10回最適化シンポジウム講演論文集,p.39 ,2012.12.
  • 田原久嗣・大竹慧・池上敦子:"大学定期試験における資源割当", スケジューリング・シンポジウム,pp.139-144,2012.9 .
  • 吉田勇人・山内 秀敏・池上敦子・八巻直一:"医療・介護におけるスタッフスケジューリング", スケジューリング・シンポジウム,pp.13-16,2012.9
  • 井村亮介・池上敦子:"2交替制ナース・スケジューリングにおける実行可能解把握ネットワークの構築", 日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会,pp.134-135,2012.9
  • 佐藤広幸・池上敦子:"訪問介護スタッフスケジューリングにおける勤務の質を考慮した個別スケジュール生成", 日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会,pp.136-137,2012.9.
  • 宇野毅明・池上敦子:"運用コストを重視したORに向けて", 日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会,pp.142-143,2012.9.
  • 繁野麻衣子・池上敦子:"スタッフスケジューリングのフレームモデル構築に向けて", 日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会,pp.146-147,2012.9.
  • 山内秀敏,陳湘玉,池上敦子,八卷直一:"DEAを用いたレーダーチャートの特徴分類", 経営情報学会東海支部大会,2012.6.
  • 長谷川誠,田仲慶次郎,池上敦子,大倉元宏:"点図ディスプレイ上に重なり合って提示される文字と触認識", 日本人間工学会第53回大会講演集,Vol.48,pp.122-123,2012.6
  • 池上敦子:"鉄道ネットワークにおける最適化",日本オペレーションズ・リサーチ学会「政治と社会と行政のOR」 研究部会,2012.5.
  • 稲葉達朗・笠原和夫・池上敦子・岡本昇一郎:"加工工程設計支援システムに関する研究(第4報)−切削抵抗の評価とその導入−", 2012年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,pp.1065-1066,2012.3
  • 池上敦子:"ナーススケジューリングにおける新しい試み", 統計数理研究所統計的機械学習研究センター 最適化推論プロジェクト研究会,2012.1
  • 吉田勇人,池上敦子:"訪問介護勤務表作成の現状と作成支援システム",経営情報学会・秋季全国研究発表大会,A2-1,2011.10
  • 山口淳史,池上敦子,笠原和夫:"k-Shortest Paths 問題のアルゴリズムを利用した加工工程設計", 機械学会設計工学・システム部門講演会,pp.556-558,2011.10
  • 池上敦子:"訪問介護勤務スケジュール作成支援システムの構築”,日本オペレーションズ・リサーチ学会中部支部シンポジウム,2011.9
  • 岡本昇一郎・笠原和夫・池上敦子・稲葉達朗:"加工工程設計支援システムに関する研究(第3報)−多数の穴と段差をもつ工作物の場合への拡張−", 2011年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp.51-52,2011.9
  • 井村亮介,池上敦子:"ナース・スケジューリングにおける部分問題実行可能解のネットワーク表現",スケジューリング・シンポジウム,pp.125-129,2011.9
  • 村野真悟,池上敦子:"訪問介護スタッフスケジューリングにおける担当ヘルパー制約の決定",スケジューリング・シンポジウム,pp.121-124,2011.9
  • 佐藤広幸,池上敦子:"訪問介護スタッフスケジューリングにおける昼休み考慮ネットワークの構築",スケジューリング・シンポジウム,pp.115-120,2011.9
  • 秋田博樹,池上敦子:"ナース・スケジューリングにおける部分問題解空間の把握",日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会,pp.154-155,2011.9
  • 池上敦子:"訪問介護スケジューリング”,日本オペレーションズ・リサーチ学会サービスサイエンス部会,2011.5
  • 田仲慶次郎・大倉元宏・池上敦子:"点図ディスプレイに提示する文字の数と触認識",日本経営工学会春季大会予稿集,pp.232-233,2011.5
  • 秋田博樹,池上敦子,岩永二郎,田辺隆人:"ナース・スケジューリングにおける部分問題解空間の把握", 日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会,pp.140-141,2011.3
  • 池上敦子:"鉄道運賃計算のための最安運賃経路探索”,日本オペレーションズ・リサーチ学会関西支部産学研究者交流会「最適化技術の深化と広がり」,2010.11
  • 足立幸子,村野真吾,池上敦子,宇野毅明:"Web版訪問介護スケジュール作成支援システム", 日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会,pp.82-83,2010.9
  • 田辺亮平,木下順三郎,河野佑亮,池上敦子,上野玄太,土谷隆:"衛星観測プラズマデータの復元", 日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会,pp.204-205,2010.9
  • 村野真吾,足立幸子,池上敦子,宇野毅明:"訪問介護におけるweb版スケジュール作成支援システム", スケジューリング・シンポジウム,pp.195-199,2010.9(★村野真悟:スケジューリング学会研究奨励賞 受賞)
  • 池上敦子,繁野麻衣子:"サービス業における勤務スケジュール作成", スケジューリング・シンポジウム,pp.189-194,2010.9
  • 繁野麻衣子,池上敦子:"サービス業における勤務スケジュール作成:最適化の視点で見えたもの", 第3回横幹連合総合シンポジウム,pp.17-20,2010.9
  • 秋田博紀,池上敦子:"3交替制ナース・スケジューリングにおける動的計画法の利用", 経営工学会春季大会,pp.22-23,2010.5
  • 村野真悟,足立幸子,池上敦子:"訪問介護勤務表作成のための個別スケジュール生成ネットワークの構築", 経営工学会春季大会,pp.24-25,2010.5
  • 池上敦子:"サービス分野における工学的手法の成功事例",経済産業省「産業技術人材育成支援事業」(サービス工学人材分野),2010.5
  • 乾伸雄,池上敦子:"SATを用いたナーススケジューリング問題の厳密解法の評価", 日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会,pp.120ー121,2010.3
  • 足立幸子,渋谷知子,福島恵実,池上敦子: "訪問介護勤務表作成支援システム構築のための基礎調査", 人間工学会関東支部第39回大会,pp.76-77,2009.12
  • 田辺亮平,山田篤彦,池上敦子,上野玄太,土谷隆: "衛星観測プラズマデータ復元問題に対する数理計画アプローチ", スケジューリング・シンポジウム,pp.297-300,2009.9
  • 野々部宏司,池上敦子: "ナーススケジューリング問題における解の評価方法について", スケジューリング・シンポジウム,pp.163-167,2009.9
  • 田辺隆人,岩永二郎,多田明功,池上敦子: "「納得」を生み出すスケジューリングアルゴリズムとソフトウエア  制約充足を超えて:実行可能領域の直観的把握", スケジューリング・シンポジウム,pp.169-173,2009.9
  • 田辺亮平,山田篤彦,池上敦子,上野玄太,土谷隆: "衛星観測プラズマデータ復元問題に対する数理計画アプローチ", スケジューリング・シンポジウム,pp.297-300,2009.9
  • 足立幸子,村野真吾,池上敦子,宇野毅明: "訪問介護勤務表作成を支援するWeb-basedシステムの構築", スケジューリング・シンポジウム,pp.157-161,2009.9
  • 新妻真輔,池上敦子,乾伸雄,野々部宏司,品野勇治: "ナーススケジューリング問題に対する分枝価格法の適用", スケジューリング・シンポジウム,pp.151-156,2009.9
  • 田辺亮平,池上敦子,上野玄太,土谷隆: "人工衛星から送られるプラズマ速度分布データの復元", 経営工学会春季大会,pp.8-9,2009.5
  • 足立幸子,渋谷知子,福島恵実,池上敦子: "訪問介護勤務表作成支援システムの開発", 経営工学会春季大会,pp.6-7,2009.5
  • 池上敦子:"鉄道運賃計算ネットワークモデル",計測自動制御学会システム工学部会,2009.4
  • 池上敦子,足立幸子,渋谷知子,福島恵実: "訪問介護勤務表作成支援システムとスケジューリングアルゴリズム", 統計数理研究所研究集会「最適化:モデリングとアルゴリズム」,2009.3
  • 池上敦子,足立幸子,渋谷知子,福島恵実: "訪問介護勤務表作成支援システムの構築", 日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会,pp.162ー163,2009.3
  • 山口拓真,池上敦子,森田隼史,菊地丞,中山利宏: "運賃計算ネットワークFarenetの実用化", スケジューリング・シンポジウム2008,pp.157-160,2008.9
  • 山口拓真,池上敦子,森田隼史,菊地丞,中山利宏: "運賃計算ネットワークFarenetの実用化に向けて", 日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会,pp.176ー177,2008.9
  • 池上敦子,森田隼史,山口拓真,菊地丞,中山利宏: "複数社を含む鉄道運賃計算ネットワークの構築", 日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会,pp.186ー187,2008.3
  • 池上敦子,森田隼史,山口拓真,菊地丞,中山利宏: "鉄道最安運賃経路探索", 統計数理研究所研究集会「最適化:モデリングとアルゴリズム」,2008.3
  • 池上敦子,森田隼史,菊地丞,山口拓真,中山利宏: "鉄道ネットワークにおける最安運賃経路探索", スケジューリング・シンポジウム2007,pp.79-84,2007.9
  • 森田隼史,池上敦子,菊地丞,山口拓真,中山利宏: "鉄道運賃計算と経路探索", 日本オペレーションズ・リサーチ学会創立50周年事業SSOR,p.10-2,2007.8 (★森田隼史:Best Presentation Award 受賞)
  • 池上敦子,森田隼史: "鉄道運賃計算と最短路問題", 統計数理研究所研究集会「最適化:モデリングとアルゴリズム」,2007.3
  • 池上敦子: "鉄道運賃計算と最短路問題", GODIVA(Geographical Information Visualization and Analysis)研究会,2007.3
  • 池上敦子: "モデリング ―スタッフスケジューリングをどう見たか―", 日本オペレーションズ・リサーチ学会新宿OR研究会,2007.2
  • 池上敦子: "モデリング ―スケジューリング問題の捉え方―", 日本オペレーションズ・リサーチ学会関西支部講演会講演資料集, pp.14-23,2006.11
  • 池上敦子,森田隼史,菊地丞,山口拓真,中山利宏,大倉元宏: "鉄道運賃計算のためのネットワーク構造の研究", 日本機械学会第16回設計工学・システム部門講演会,pp315-316,2006.11
  • 森田隼史,池上敦子,菊地丞,山口拓真,中山利宏,大倉元宏: "鉄道運賃計算に関する基礎的研究", 日本機械学会第16回設計工学・システム部門講演会,pp.325-326,2006.11
  • 池上敦子,森田隼史,菊地丞,山口拓真,中山利宏,大倉元宏: "鉄道最短経路問題のためのネットワーク表現", 日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会,pp.184ー185,2006.9
  • 森田隼史,池上敦子,菊地丞,山口拓真,中山利宏,大倉元宏: "鉄道運賃計算アルゴリズムの構築", 日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会,pp.182ー183,2006.9
  • 池上敦子: "モデリング ―ナース・スケジューリングを中心に―", システム制御情報学会CFA分科会・精密工学会総合生産システム専門委員会予稿集プログラムV,pp.1-10,2006.1
  • 池上敦子,緒方洋平,土谷隆: "訪問介護におけるヘルパースケジューリング", 統計数理研究所研究集会「最適化:モデリングとアルゴリズム」,2005.3
  • 森田隼史,池上敦子,大倉元宏: "サッカーチームにおける選手起用モデルの構築", 日本フットボール学会2nd Congress 抄録集,p:32,2005.3
  • 久保島康裕,星名卓郎,池上敦子,大倉元宏,鈴木滋: "サッカーにおけるオフザボールの動きの重要性", 日本機械学会[No.04-26]シンポジウム講演論文集,pp.297-300,2004.11
  • 星名卓郎,久保島康裕,池上敦子,大倉元宏,鈴木滋: "成蹊版サッカーゲーム記述分析システム(SNAP)による守備システムの評価", 日本機械学会[No.04-26]シンポジウム講演論文集,pp.293-296,2004.11
  • 池上敦子 : "ナース・スケジューリング", RAMPシンポジウム論文集,pp.1-16,2004 (PDF File ).
  • 雨谷賢一, 池上敦子, 大倉元宏: "医師当直表作成支援システムの開発", 経営情報学会春季全国研究発表大会予稿集,pp.130ー133,2004.6
  • 笹川裕也,荻久保佳奈, 池上敦子, 窪田悟,大倉元宏: "組み立てラインスケジューリングのための意思決定支援システム", 経営情報学会春季全国研究発表大会予稿集,pp.134ー137,2004.6
  • 池上敦子, 宇野綾希, 雨谷賢一, 上原幸恵, 有賀清美, 中川謙夫, 春山順子: "在宅介護ヘルパー・スケジューリングのための基礎的研究", 日本OR学会春季研究発表会アブストラクト集,pp.216ー217,2004.3
  • 久保島康裕,城戸圭介, 星名卓郎, 池上敦子, 大倉元宏, 鈴木滋 : "成蹊版サッカーゲーム記述分析システム(SNAP)の性能強化〜決定的場面の算出", 日本フットボール学会1st Congress 抄録集,p.46,2004.3
  • 久保島康裕,佐々木康雄,城戸圭介, 大倉元宏, 池上敦子, 鈴木滋 : "成蹊版サッカーゲーム記述分析システム(SNAP)の性能評価", 日本人間工学会第33回関東支部大会講演集,pp.33-34,2003.11
  • 渡邉真利, 池上敦子, 大倉元宏 : "○×回答されたアンケートデータの入力方法に関する検討", 日本人間工学会第33回関東支部大会講演集,pp.31-32,2003.11
  • 池上敦子: "医師当直表作成におけるナース・スケジューリングの応用", 日本OR学会秋季研究発表会アブストラクト集,pp.226ー227,2003.9
  • 池上敦子, 丹羽明 : "ナース・スケジューリングにおけるSubproblem-Centric アプローチ", 統計数理研究所研究集会,2002.3
  • 城戸圭介, 柳田正彦, 森川達也, 草刈毅司, 池上敦子, 大倉元宏, 福井真司, 鈴木滋 : "サッカーゲームにおける新しい記述分析の提案 〜組み作業分析とワークサンプリング法の応用〜", 第22回サッカー医・科学研究会抄録集,p.17,2002.1
  • 池上敦子 : "ナース・スケジューリングに適用するアルゴリズムについて", FAN第11回インテリジェント・システム・シンポジウム, pp.477ー480,2001.9
  • 嶋田葉子, 池上敦子, 大倉元宏 : "タスク分析に基づく看護婦勤務表作成支援システムの開発と評価", 日本人間工学会第41回大会講演集,pp.450ー451,2000.6
  • 嶋田葉子, 池上敦子, 大倉元宏 : "看護婦の勤務表作成支援システムに関する研究", 日本人間工学会第40回大会講演集,pp.466ー467,1999.5
  • 池上敦子, 丹羽明 : "3交替制ナース・スケジューリングのアルゴリズム", 統計数理研究所研究集会,1998.3
  • 池上敦子, 丹羽明 : "ナース・スケジューリング・モデルの補足", 日本OR学会春季研究発表会アブストラクト集,pp.52-53,1998.5
  • 池上敦子 : "ナース・スケジューリング問題の解法について", 日本OR学会数理計画法研究部会,1997.7
  • 池上敦子, 丹羽明 : "2交替制看護婦夜勤割り当て問題の一解法", 日本OR学会春季研究発表会アブストラクト集,pp.168ー169,1997.4
  • 池上敦子, 丹羽明 : "ナース・スケジューリング問題についての1解法", 統計数理研究所研究集会,1997.3
  • 池上敦子 : "我が国におけるナース・スケジューリングについて", 日本OR学会組合せ最適化研究グループ,1996.9
  • 池上敦子, 丹羽明, 大倉元宏 : "ナース・スケジュリング問題における夜勤割り当て問題", 日本OR学会春季研究発表会アブストラクト集,pp.292-293,1996.5
  • 相澤学, 池上敦子, 大倉元宏 : "見やすい表画面の設計に関する実験的検討", 日本人間工学会第37回大会講演集,pp.318ー319,1996.5
  • 池上敦子, 丹羽明 : "ナース・スケジューリング問題の特徴", 統計数理研究所研究集会,1996.3
  • 池上敦子 : "ナース・スケジューリング問題のモデル化について", 情報処理学会研究報告96−MPS−5,pp.1ー6,1996.1
  • 池上敦子 : "ナース・スケジュリング・システム構築のためのモデリング", 日本OR学会秋季研究発表会アブストラクト集,pp.180-181,1995.9
  • 相澤学, 池上敦子, 大倉元宏 : "表画面におけるマウスカーソルの形状に関する実験的検討", 日本人間工学会第36回大会講演集,pp.190ー191,1995.6
  • 池上敦子 : "時間指定のあるビークル・ルーティング問題", 日本OR学会数理計画法研究部会,オペレーションズ・リサーチ Vol.40 no.10,p.603,1995.4
  • 池上敦子, 丹羽明 : "ジャスト・イン・タイム配送のためのビークル・ルーティング", 日本OR学会春季研究発表会アブストラクト集,pp.56-57,1995.3
  • 池上敦子, 丹羽明 : "時間指定付きビークル・ルーティング問題 ― ビークルのキャパシティが比較的小さい場合 ―", 統計数理研究所研究集会"最適化:モデリングとアルゴリズム",1995.3
  • 相澤学, 池上敦子, 保坂昌樹, 星谷友樹, 大倉元宏, 越河六郎 : "看護婦勤務表作成における作成者の困難", 日本人間工学会第24回関東支部大会講演集,pp.90-91,1994.12
  • 池上敦子, 丹羽明 : "時間拘束とキャパシティ拘束のあるビークル・ルーティング問題", 日本機械学会第72回全国大会講演論文集(IV),pp.110ー111,1994.8
  • 池上敦子, 丹羽明 : "時間指定で部品供給される場合のAGVスケジューリング", 日本OR学会春季研究発表会アブストラクト集,pp.58-59,1992.5

    連絡先

    池上敦子
    180-8633 武蔵野市吉祥寺北町3ー3ー1
    成蹊大学 理工学部
    atsuko@st.seikei.ac.jp
    http://cleo.ci.seikei.ac.jp/~atsuko/


    <モデリング&アルゴリズム研究室のホームページに戻る>

    <成蹊大学理工学部のホームページに戻る>

    Last Modified : 7th May, 2013